Reminiscence Vol.20

2013-02-18

JAZZの名盤・名演であなたの暮らしを彩る

「Jazz Reminiscence」。


第20回目は、50年代を代表する名コンボ、クリフォード・ブラウン、マックス・ローチによるブラウン=ローチ・クインテットの「スタディ・イン・ブラウン」をレミニセンス。
並はずれたテクニックと、歌心溢れるフレージング溢れる、天才トランペッター、クリフォード・ブラウンと、アート・ブレーキーと並ぶモダンジャズの名ドラマー、マックス・ローチによる珠玉の1枚。
演奏は、tp:クリフォード・ブラウン、ts:ハロルド・ランド、b:ジョージ・モロウ、p:リッチー・パウエル、ds:マックス・ローチ
♪オンエアリスト♪
Cherokee
Take The 'A' Train
Jacqui

山中千尋さんブラウン=ローチの裏名盤は「ブラウン=ローチ・クインテット」
ハード・バップの真価を伝える50年代最強クインテットの一大傑作。