Reminiscence Vol.22

2013-03-03

JAZZの名盤・名演であなたの暮らしを彩る「Jazz Reminiscence」。


第22回目は、ブルーノート・レーベルを代表する1枚、ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」をレミニセンス。本国アメリカより日本で大ヒットした1枚(1958年)。
演奏は、p:ソニー・クラーク、tp:アート・ファーマー、as:ジャッキー・マクリーン、b:ポール・チェンパース、ds:フィリー・ジョー・ジョーンズ
   (レコードジャケットも有名な1枚)
♪オンエアリスト♪
Cool Struttin'
  Blue Minor

山中千尋さんのソニー・クラークの裏名盤は、
リー・モーガンの「キャンディ」(1958年)
サイドマンとしてのソニー・クラークが光る1枚。